スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台うろうろ

藤沢で飲んでかなんか知らんが終電を過ぎてしまった。
「どこで寝ようか」と考えている間に駅へ向かう。

駅員に「駅のホームで寝たいんですけどいいですか?」と聞くとあっさりOKを貰う。つーか、そこらじゅうで寝てるじゃん(爆)

で、特急列車が来たので、「ええい、乗っちゃえ」ってな感じで指定席券を買わずに乗り込んでしまう。自由席なので座席車。ちなみに前の車両は寝台車。

前に人が座っているが構わず寝てしまう。

で、起きたら仙台。

「やった、初上陸だ」とか喜び、「何か土産でも買って帰ろう。どうせ明日は休みだからゆっくり一泊するか」とか考えちゃう。

仙台駅周辺は余り栄えてない。隣りの駅の近くが一番栄えているとか何とか言っている。

で、風呂に入ろうと思い立ち駅の近くの風呂屋に行く。
風呂屋に入るとなぜかこの風呂屋から抜け出せなくなってしまう。

・・・とここで目が覚める。
スポンサーサイト

友達と日南

高校時代の友達と駅で待ち合わせをしていると、その友達がカープのキャンプに行きたいという(本来の行き先は違う)ので、急遽行く事になる。

現地に着くと雨が降っていたので皆傘を差している。
選手は室内練習場のようなところで練習をしているが、そこにファンが入れるようになっている。

俺が警備員に「すいません、私どこにいればいいんでしょう?」と聞くと、警備員は「そこにロープが張ってあるでしょ」とか言われる。

練習が終わって出てくる時に、選手に向かってファンがサインを求めて群がる。皆色紙を持っているのだが、俺はそういうものを用意していなかったため、ノートの表紙の裏の白い部分にサインをしてもらう事に。

で、俺がサインを貰ったのは高橋建さんだったとw

その後紅白戦をするという事なので、別の球場に移動する事になりファンはぞろぞろと移動する。このとき晴れていたためか傘を忘れてしまう。

球場にはちらほら人が集まりだしてきて、そして気温も上がってくる。
トレーナーにジャンバーという格好では暑くなるので、球場でなぜか持っていたビジターユニを着る事に。

で、俺と一緒に来ていた友人が、おもむろに「あれ、く○すじゃね?」とか言い出す(爆)

試合になったのだが、選手がなぜかUNOをやりだすwwwwww
「ジャンケンで先攻後攻決めてください」とか言って、ジャンケンをしだして、グーとチョキが出たので、グーを出したチームが「じゃあ俺先行くな」というw

さて、なぜか次のシーンで俺達がUNOに加わってるというねw
別の高校時代の友人が、UNOをもう2組入れることに。そのうち1組のUNOが何か見覚えがあるなと思ったら、なぜか俺のUNOカードだったというねw

俺のカードには、俺の名前が入ってるからw
しかもワイルドカード1枚亡くしてるしw

友人が「あ、傘忘れたから取ってくるわ」という所で目が覚める。

自転車で東京へ

今日見た、断片的に覚えている夢を報告します。

うちの近くに車が通れないような踏切があるんですが、そこから俺ともう一人誰かが自転車に乗って誰か(女の人)を追いかけている。(二人乗りで俺が漕いでる)

その女の人を追いかけるうちに多摩川を越えて東京に入ってしまう。でもなぜか俺はちょっと疲れたくらいで漕ぎ続けてるのね。いったい何キロあるのかが俺にも分からないのですが。

で、彼女が着いたのはとある一軒のローソン。そこから「目黒区(ここのところ曖昧)」という看板(「○○市」ってかいてある標識みたいなやつ)を見た。

その追いかけてた女の人がスタスタと入っていくので俺はその人を追いかけて裏口に潜入(店員に声もかけずに)。

追いかけた女の人はローソンに併設された薬局(たしかピンクの看板)の人だったらしく、俺がその人に物をあげている。そうしたら、「ありがとう」とお礼を言われ、からあげ君を買ってくれた。

そのあと、なぜか「クレヨンしんちゃん」が夢の中で始まるのだが、遠足の話しで、二人組を作ろうとか言って風間君としんのすけが同じグループになった。

そしたら風間君がおやつを忘れて、しんのすけがおやつを持ってくるんだけど、行きのバスの中で(彼ら二人は一番後ろの席)、しんのすけがおやつ(スティック状のもの)を全部食ってしまい、風間君がなぜか落ち込んでいた。

そんな夢を見た。

大問5

今日、また夢を見た。

舞台は学校で、高校だろう。しかもなぜか追試をやってる俺。
数学と物理と化学という理系科目ばかり。

教科書を持込しても良いのだが、なぜか俺だけ教科書を見ないで解こうとしている

終了間際になってなぜか教科書を見始める。

俺は解答欄はほぼ空白で、頭を抱えている。
そのうちに、一緒に追試をやってた奴がどんどん出来て、解答を先生に渡していくではないか。

「よしっ、適当に書いてやれ」
と、大問5のカッコに「日本」と書きなぐって先生に提出した。

・・・と、ここで目が覚めた。

フィールドオブドリームス

ハワイの現地のおっさんが(多分金持ちだろう)、野球チームを作ろうとする。
広い土地にやってきて「ここに野球場を作る」みたいなことを言ってる。

だが、このおっさん、少し天然なのか、「400mって何mだっけ」

多分このおっさんは野球を知らないのだろう。
で、おっさんの呼びかけに集まったのは少女一人だけなのだが、彼女だけやる気を出してる。

聞きつけた日系人(俺ではないよ。彼英語しゃべってたから)が、「おい、本当に野球チーム作る気か?○○○(1年かそこいらで解散したチーム)になるのが関の山だ」

おっさん「大丈夫でしょ」 ・・・楽天的だ!!

・・・という夢を見た。
プロフィール

マロン

Author:マロン
鉄道マニアで主に乗り鉄。
また、艦これやガルパンが好きです。

「マロンブックス」というサークル名でたまにイベントに参加しています。

最新記事
同人誌通信販売
こちらから(新しいウィンドウで開きます)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。