スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年の希望

「来年はこうなったらいいな」という思いを書きます。

【讀賣】
若い選手と、ラミレスの後釜に入った八百長野の活躍があったゴキブリは、開幕戦で犬ルト3連戦に3連勝で早くも手なずけ悠々貯金を溜め込む。ちなみに次のカードは横浜戦。てこずるものの何とか勝ち越す。

5割そこそこで推移していたが、交流戦を境に順調に勝ち星を増やし続ける。しかし、7月6日・7日のGC福島2連戦でカープに連敗、じわりじわりと黒星を増やすものの、なんとか2位でフィニッシュ。

【犯珍】
シーズンスタート直後から勝ち星を増やして独走状態に入り、ニワカ珍を狂喜乱舞させる。新外国人の韓国人(サード)も打ちまくり、「今年こそ」と思わせるものの、交流戦直前の5月9日の甲子園でのカープ戦で、9回にプロ初登板したカープの今村が韓国人の打席で、たまたま頭部付近にボールが通過してしまい、恐怖症に陥ると共にみるみる打撃成績が急降下。

「打球を見るのも嫌」というようになり、交流戦終了と共に退団。その穴を埋めるように粗いが出てくるが、エラーを連発。みるみる黒星を増やして横浜と最下位争いをするものの、9月14日、横浜スタジアムの横浜対阪神戦で三浦が完全試合で完璧に阪神の戦意喪失。最下位でフィニッシュ。

今年以上に防御率が悪化、勝ち頭の岩田が8勝(18敗)という有様でこんにちは暗黒時代。城島の糞リードっぷりが顕になる。
また、城島とフルイニング契約を結んだ上に、4番に据えたせいでむやみに打順をいじくる事すらままならず、オフに狩野が出場機会を求めトレード志願。しかし、球団が握りつぶし内部分裂、阪神崩壊。

【ヤクルト】
開幕三連戦で手なずけられたため、今年以上に対讀賣戦は散々な成績に終わる。交流戦明け直後のカープ戦で、代打嶋の打球が三塁を守っていた宮本に直撃。宮本は悶絶。宮本頼みのチームであったため、借金すれすれの三位に終わる。しかし、CSは讀賣と対戦、初戦は勝ち、2戦目・3戦目と無様に負ける。

【横浜】
終盤までCS争いをし、「おや」と思わせるものの、急降下。
しかし、清水の頑張りに刺激されたのか他の投手陣が踏ん張って5位フィニッシュ。しかしオフに清水がFA。あらら・・・

【中日】
毎年のように堅実な采配で5割スレスレをキープするものの、新しく連れてきた韓国人が劣化ビョンギュだったため批判を浴びる。スタメンが高齢で、若手を余り使わないツケがここに来て出てくる。
荒木、井端、谷繁が揃って不振を極めるものの、替えが効かず4位に終わる。

【カープ】
序盤は借金が二桁に膨らむ。特に代打嶋の打撃成績が散々だったものの、5月ごろ前田に打撃の極意を教わり打撃開花。「序盤の代打」で嶋が、「ここぞという場面で」前田が代打で起用された二人が打ちまくり、マ○キー悩む(爆)二人につられて打ちまくり、交流戦優勝を決める。

交流戦から先発に加わった今村も加わり先発陣がさらに強化。
マエケンは今年の不振が嘘のように勝ちまくり、オールスターまでに10勝を上げる。

福島GCシリーズの後面白いように勝ち続け、10月某日のマツダスタジアムでの対阪神最終戦、戦力外通告を受けていた粗いに向かって代打前田の打球が粗いの脳天を直撃。これがサード強襲タイムリーヒットとなり、勝ち越し。そのまま永川が47Sを上げて優勝しましたとさ。

2010年10月4日 @マツダスタジアム(広島19勝5敗)
神 020|001|000=3
広 200|010|02X=5

勝:大竹(16勝7敗)
S:永川(2勝47S)
負:岩田(8勝18敗)

HR:栗原(34号2ラン)
盗:赤松47

観衆:32,309
スポンサーサイト
プロフィール

マロン

Author:マロン
鉄道マニアで主に乗り鉄。
また、艦これやガルパンが好きです。

「マロンブックス」というサークル名でたまにイベントに参加しています。

最新記事
同人誌通信販売
こちらから(新しいウィンドウで開きます)
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。