FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本海軍 全作戦記録(宝島SUGOI文庫・宝島社)

2014年7月に発売した「日本海軍 全作戦記録」を買ってきました。
ちなみに、有隣堂はカバーの色を選べるのですが、迷わずオレンジ色にしました。

日本海軍 全作戦記録 (宝島SUGOI文庫)日本海軍 全作戦記録 (宝島SUGOI文庫)
(2014/07/15)
別冊宝島編集部

商品詳細を見る



2013年7月に発売した『ビジュアル図解 連合艦隊全作戦記録』を改訂・改題し文庫化したもので、『日本海軍「艦これ」 全作戦記録』が『連合艦隊~』を基にしているため、基本に立ち返ったといってもいい本。

真珠湾攻撃から終戦までの主要作戦記録を網羅。元がビジュアル図解ということもあり、詳細な進撃図や写真、艦船の側面図(敵艦船や敵戦闘機の側面図も!)も入っているという、文庫とは思えない充実さには目を見張るものがあります。1つ1つの作戦についてはあまりページ数がないのですが、初心者の知りたい「いつ・どこで・誰が・どうやって・なぜ」がまとまっていて、非常にわかりやすいと思います。日本海軍の入門書としても使えそうな感じがします。コラムも充実していて読み応えのある一冊です。

各戦闘ごとに勝敗判定(『艦これ~』はゲームに倣い完全勝利S~敗北D、この本は10点満点で評価)がついているのですが、神通が奮闘した「コロンバンガラ島沖夜戦」(日本 9-1 米国)以降米軍の圧勝になっているのが連合国軍に主導権を握られていく様子がうかがえます。最後の方の「大和の最期」の項目の作戦結果にある「なんら目的を果たせない敗北である」という一文が悲しい…

非常に買ってよかったと思いましたが、この本、文章主体なのに艦娘の顔が思い浮かんでしまうんですよね、しかもボイス付きで… これを「ダメ絶対音感」と言います。
スポンサーサイト
プロフィール

マロン

Author:マロン
鉄道マニアで主に乗り鉄。
また、艦これやガルパンが好きです。

「マロンブックス」というサークル名でたまにイベントに参加しています。

最新記事
同人誌通信販売
こちらから(新しいウィンドウで開きます)
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。